本業が不動産の営業なのですが、

営業マンって何でも言うこと聞きそうですよね?

実はそうではありません

 

営業マンでもお客様におこることがあります。

 

こんなことがありました、

 

マンションのご案内(内覧)のお約束があり、
待ち合わせ時間になっても来ないお客様。

 

電話してもつながらない、、

 

マンションは居住中のためしっかり時間に来てくれないと
売主様にも迷惑がかかっちゃいます。

 

予約段階でその旨つたえましたが、
当日は一時間遅れて僕の携帯に連絡がありました

詳しい事情をきいてみると、べつの不動産屋さんで
午前中に内覧をしていて、その内覧が遅くなってしまい
僕の方に連絡なしで遅くなってしまったとのことでした

 

イエスマンな営業マンであれば

「大丈夫ですよ、売主さんには僕から言っておきました、
又予定を合わせてみましょう」

なんて行っちゃいそうですが、

 

 

僕は本気で怒ります!

「お客さんが見たいっていって僕は売主様に頭を下げて
内覧の予約をとりました。売主さまも貴重な時間をいただているのに
無断で遅刻するなんてありえないですよ!!不動産は売っていただくという気持ち
がすこしでもなければ買えませんよ!」

っていいます

 

失礼なお客様には本気で怒んないとだめです。(持論)

 

その人に嫌われたっていいんです。
プライドをもって仕事してますから、

 

結構僕は”僕から買ってくれてありがとうございます”

と同じくらい”僕から買えるなんてしあわせですよ”

ってくらいの気持ちで仕事してます。

 

 

本気でお客さまに向き合うと、ほんとによいお客様にも
巡り合えます。

 

 

今度は感動した良い事例、

 

 

 

新婚さんがマンションを買うため内覧をしていただきました。

 

ご主人と奥様の希望がなかなか合わず、
内覧が長引いてたときです

 

お互いが希望の言い合いになってしまい、かなり険悪なムードにってきました。

 

 

そして、、

ついに事件が起こりました。

 

 

 

四件目のマンションでご主人がびびびとくるマンションに当たりました、
でも奥さんはあまり気に入ってません。。

 

するとご主人

 

 

 

「このマンション買えるなら奥さんと別れてもいいな!」

と言っちゃいました、、、

 

 

奥さんは泣き出しました。

 

次の物件に行く途中。
移動の車の中で

 

僕はご主人に言いました。

 

「僕みたいな若造がいうことじゃないかもしれません。
僕みたいなただの営業マンがお二人のことにいちいち口出しするのも
本当に恐縮だとおもいますが、ひとつだけいわせてください。

最近お二人で一緒に幸せになるときめてご結婚されたのだと思います。

さらに幸せになるために今マンション探しをされているのでは
ないですか?

ご主人がさっきいった一言は、奥様はとても傷ついたと思います。
僕もすごくいやな気持ちになりました。、

もし、今回のマンション探しでお二人の仲が悪くなるのであれば
マンション探しはやめたほうがよいと思います。

不動産は高価な買い物で、投資目的、資産運用目的が
おありだと思います、

でも、これほど高価な買い物で幸せになれないのであれば
買う必要ないと思います。

そのへんを一度ご夫婦でお話いただいてから
もういちど探しはじめませんか?

今日は切り上げましょう。

ご夫婦でもういちど、なぜ不動産が必要なのか?
本当にかうべきなのか?

お互いが納得のいく条件はどんなものか?

今一度じっくり話し合いしてきてください。

僕みたいな営業マンが失礼を申し上げましたので、
不快に思うと思います

もし、僕のことが今後担当がいやであれば
変わりますのでおっしゃってください。」

詳細はちがえど、こんな感じでお話しました。

 

 

すると、このお客様はそれ以降ずっと僕を指名して
ご案内していただき、最終的にご主人様、奥様が気に入る
納得のマンションにであうことができ契約していただけました。

 

契約の際、

“りゅうじーんさんで契約できて本当によかった、こんなに僕たちのことを
考えてくれる方に出会えてよかったです。ありがとうございました”

と、ご夫婦、さらにそのご両親にもご挨拶されました。

 

 

僕は感動のあまりに上司とエレベーター内で泣きました。
本気でぶつかったかいがあるな~と

 

又、僕の営業スタイルはちょっと間違えば傲慢にみえてしまうので
ほんとに嫌われてクレームになってしまうことも、あります。

人と人が仕事をする以上、すべての人に気に入られる、
好かれるのは無理なのでせめて自分を信用してくれる人には
本気でお返ししたいと思って日々営業しております。

 

せどりとは関係ないコラムでした