コンサル生の中には、以前パチスロをして稼いでいた方がいます。

パチスロは店舗がぼろ儲け、勝つ人は1割ほどの数で
ほとんどの人が負ける計算です。

 

パチプロと呼ばれる人もいるくらいで
そのプロたちは”期待値”が高い台、お店をまわり
期待値が高い場合のみ勝負するというルールを厳しく守っているそうです。

詳しくはわかりませんが、

 

台によって出玉が出るタイミングがあり、
大当たりする確率が一番高いであろうタイミング以外では打たないようです。

ただ、勘や根拠のない

「なんとなく勝てそうなきがする」

という打ち方では、期待値が低ければ負ける確率が高く、
資金回収率はぐっと下がります。

 

パチスロなどでは、多少技術(打ち方)などが影響されると思いますが、
宝クジでは100%運のみ。

(以前大当たりが出た発券所で買う行為、が当選確率に影響しないものとして)

 

 

その宝クジの期待値は46.5%。

 

10000円購入した場合4650円になって帰って来るということです。

また、宝クジは発行された宝クジを全部買ったら全部当たりますが、
全部当たったとしても(サマージャンボ7億円当たったとしても)
すべての券を購入する金額は当選金より確実に多くなります。

お金がためたければ宝クジを買うな

という格言?があるくらいです。が、宝クジにはギャンブル特有の
ワクワク感と夢があるのでついつい手が伸びてしまうようです。

せどりの店舗の期待値が高いお店というのはどいういうのかというと。

 

期待値が高いお店(僕の個人的な見解)

■決算月のお店
■処分品が頻繁に出るお店
■中古であれあ回転が良いお店

などが候補です。

 

 

また、中古ショップでは店舗ごとに
”プリンターが取りやすいお店”、”ゲーム本体が取りやすいお店”

など、商品ごとの期待値をみて
仕入れルートの全体の期待値を上げていくことでたくさん回って取れるようになります。

 

相場が高い店舗で、いくら全頭してもまったく商品が取れないことってあります。

そこで、いくら大変な思いをして時間をかけても
取れないものは取れません。

 

この行為はまさに宝くじを買う行為に似ていると思います。
(もしかしたら利益率の高いお宝商品があるかもしれないという意味でも似ています。)

あまりギャンブルはしませんが、
麻雀などで勝つにはまず負けないようにすることが鉄則です。

振り込まないこと。

 

鳴いて断么でもいいので取り合図上がることで流れを掴む。
相手に上がらせず、振り込まないことが大切です。

 

利益の大きい商品ばかり追わず、
目の前の薄利の商品を取る理由は、利益の大きい商品を探すときのコストを下げる
意味もあります。

 

勝ちが確定している(薄利でもプラスになる)勝負に乗らない手はないということです。

 

 

また、さらに期待値をマックスで店舗せどりをする方法があります。

プレ値になっており、利益が取れる商品がわかっている場合は
店舗に電話をして取り置きすればいいのです。

 

店舗にいくときは利益確定でいくので無駄がありません。

 

さらに、他の商品もサーチして利益を上乗せできる可能性があります。

 

商品をサーチするときも、ただ全頭するのではなく、

のちの期待値を上げるための勉強と思えば苦痛が減ります。

 

 

もともと全頭が苦痛でないひとは、せどりでかなり稼ぎやすい方だと思います。

 

ps

 

前回の記事で紹介したCDが早速うれました!

前回の記事

 

 

 

jp3.pricetar.com seller orders orderlist

 

 

 

利益率63%

 

Amafee計算結果

ちなみに奥さんがCD全頭してみつけてます

まさに、素人でも稼げてます。

 

pps

 

 

仕入れ同行のお問い合わせたくさん!

本当にありがとうございます★

 

 

 

*メールアドレス