コンサル生とスカイプなどをしていると、いろいろ質問がでてきたりします。

そのなかで、どれくらいのランキングなら、どれくらい同じ商品を仕入れるのか?

というのがありました。

 

いろんな仕入れ方があり、それぞれ正解がないので(すべて正解だったりする)
すが、僕の考えをまとめてみました。

 

 

利益率と回転はある程度比例する

利益率が良い商品で回転も良い商品は数多くありません。

利益率と商品の回転はそう反して比例していると思います。
イメージとしてはこんな感じです。

(手書き)

 

 

img_1746-1

簡単に説明すると

1、高回転薄利
2、遅回転高利益

みないなイメージです。

この際、利益率が良いからと言って、
回転が遅い商品を大量に買ってしまうと資金が少ない方だと、

過剰在庫分の仕入れができずにもったいないと同時に、
キャッシュフローは悪くなってしまいます。

ただし、資金があれば問題なく在庫として構えておけば全体の利益率は上がるので
問題ないと思います。

 

トレンドせどりは全体で利益をとる、チャンスロスを減らす方法

 

 

芸能人や音楽家の一過性のブームなどで一定の商品が高額なプレミア価格になる時があります。

この時も、大量に仕入れてしまって最終的に値下げになってしまう可能性があります。

すべて売り切ってしまう数は正確に把握できないため、
大量に仕入れをするのは危険かと思いがちです。

仕入れた商品がすべて黒字になれば理想ですが、
中には大量に仕入れて値下がりしてしまい赤字の商品も出てきます。

この場合は、売り切ることをまず第一に考えて
過剰在庫のリスクだけさけて、赤字で販売するリスクをある程度許容します。

 

 

そうすることで、すべて商品を売りきったときに
仕入れた商品のトータルで利益がでればよしとすることで
仕入れに対するマインドブロックを破壊するとともに、

仕入れをせずにいた分のチャンスロスを減らすことができます。

経験を積むうちに、すべて利益を取る数などがわかってきますので、
はじめは仕入れ無さすぎることもロスということも頭に入れておくことも大切だと思います。

 

大量仕入れが成功する場合

 

せどりのブログなどで、ヤマダ電機などで大量に仕入れをしている
画像などを見かける場合がありますが、

ほとんどの商品は高回転型だと思います。

実際に僕はそうしています。

大量仕入れは利益率より回転を意識してすることで
売り上げも総利益も上がると思います。

確実に売ったことがあり、回転が読める商品。

 

こういった商品のチャンスロスを減らすために大量仕入れは良い方法だと思います。

また、同じ商品を仕入れるメリットとして、
出品作業がものすごく楽になることがあげられます。

発送や梱包も楽になり、作業に対する利益が良くなるのが最大のメリット
になります。

 

僕の場合は、奥さんと子供の時間を優先するためのせどりですので
作業時間の効率化はかなり重要となっています。

 

多少利益率が悪くなっても、

作業量を減らしていくもの大切かと思います。

 

 

 

以上が僕の考えですが、仕入れる在庫に対する考えはいろんな考えがあります。

資金の有無にかかわらず利益率にこだわるのも正解ですし、

 

回転重視の仕入れも正解だと思います。

 

 

要は自分の目標金額をいかに効率よく売り上げることができるのか?

 

が大切だと思います。