電脳せどりで定期的に商品を仕入れるためのこつを紹介します。
今回は中古せどりに関しての電脳せどりのサーチ方法です。

仕入れ量はサーチの量に比例する。

電脳せどりが苦手であまり商品がとれない方に共通して、
サーチ数が圧倒的に少ないということがあげられると思います。

10〜20分探してみてなかったらあきらめて、
ライバルが多いとかいう言い訳を自分でみつけてあきらめちゃうんだと思いますが、

見つけるまでやめない。
必ず1日1個は商品をとる。

など目標をきめてやりましょう。

もしくは、サーチ数をきめてやるのも良い方法です。

ネットショップのあるカテゴリーの商品を全部みる、
という、感じでサーチ数を増やしていくことが商品をとるための大前提になってきます。

店舗せどりと一緒で、最初は大変な作業も
慣れてこれば毎日1時間もあれば数万円の利益を見つけることも可能になります。

売れている商品から探す方法

電脳せどりをする場合にどのようにされてるでしょうか?

多いやり方は

Aというショップの商品を人気順や価格順にソートして全頭するやり方が
あげられるとおもますが、

これはある意味正解ですが、非効率になります。

このやり方ですと、例えば

1、ネットショップの商品をサーチ
2、アマゾンで確認(価格差があるか調べる)
3、モノレートで確認(売れているか調べる)

という手順になると思いますが、
3、モノレートで確認の時に、あまり売れていない商品だとせっかく価格差があっても
仕入れないことになり時間がロスになります。

もちろん、サーチして売れていない商品ということがわかったということは
プラスの知識になりますが、

効率良くサーチという意味では少し疑問です。

僕がよくやっている方法は、
まず売れている商品をアマゾンで探して

売れている商品を見つけたら商品をオークションで探します。

この方法だと、

1、売れている商品の相場を覚えて次に活かせる
2、売れない商品を除外するのでキャッシュフローと仕入れが
  連動して効率がよい

というメリットがあります。

アマゾンには様々な検索方法があります。
売れている商品を探すにもコツがあります。

アマゾンで売れている商品を探す方法

アマゾンで商品を検索するにはたくさんの方法が存在しますので
その中で1部を紹介します。

慣れてきたら、自分なりのサーチ方法を試行錯誤しながら
みつけてください。

基本は、

1、カテゴリーを選定
2、金額を選定

の順番で探していきます。

カテゴリ選定とは?

カテゴリーを絞っていく段階で気がつくのですが、
例えば、

ホームキッチン>家電>空気清浄機

みたいな感じで絞っていくのですが、
本当に膨大にカテゴライズされてます。

カテゴリは無数にありますので、あまり固定観念にしばられずにやりましょう。

金額選定とは?時間対効果を上げる方法

電脳せどりといっても価格差をサーチするだけなので
商品金額が高ければ利益額も大きいですし、

1商品あたりの利益が大きければ
時間あたりの効率性が上がります。

最初になるべく単価が大きめの商品を選定するために
こちらの金額のカテゴリーを選択します。

ここまできたらあとは売れているかどうか?

だけをモノレートを使ってサーチします。
モノレートをみて売れている傾向があって、
中古の商品の値段の相場が高めの商品の品番を

ヤフオクやメルカリなどのオークションサイトで探していきます。

電脳せどりで1つの商品から複数利益商品を探す方法

がんばって一つ商品をみつけたらチャンスです。

商品から商品へと探すことによりサーチ時間が短縮できて
効率よくサーチすることが可能になります。

やり方を説明します。

1、商品が見つかったら、その商品を扱っているセラー情報を見る
2、セラー情報から扱ってる商品で探す。
3、さらに、見つかったらその商品のセラー情報から探す。

このように、ライバルの取り扱っている商品というのは、
そもそもライバルが利益が取れると判断して出品していると
想像できます。

ライバルからライバルへの渡り鳥のサーチ方法で
一つ商品をみつけたたくさん見つけることができるようになります。

ここでも一つコツがあります。

良い商品を扱っているライバルをみつけたら
お気に入り、ブックマークなどをしておきます。

そうすることで、そのライバルの更新状況などを
定期的にサーチすることで、ライバルにサーチを
アウトソーシングする形になります。

これが増えていけば、ライバルをひたすら真似するだけで
いろんな商品知識もふえますし、商品サーチにかかる時間も
減っていきます。

店舗せどりを応用して電脳で仕入れる方法

店舗せどりでサーチした際に電脳せどりに活かす方法です。

アマゾンで利益が取れない時ヤフオクをみます。
ヤフオクアプリをつかえばスマホからすぐ商品検索ができますので
おすすめです。

https://itunes.apple.com/jp/app/yafuoku!-okushon-wu-liaoapuri/id356968629?mt=8

ヤフオクでみて、さらに利益が取れない場合。

ヤフオクが仕入れ先になります!

1、店頭で5000円
2、アマゾンで6000円(この時点で仕入れできない)
3、ヤフオクで2000円(ヤフオク→アマゾンが成立!こちらで仕入れできる)

同じようにメルカリも応用できますし、
商品をアラートするなどすれば定期的に仕入れができるようになります。

店舗からアマゾンだけでなく、
多角的に仕入れの幅を広げることで全体のサーチ時間を減らすことができます。

店舗でヤフオクでサーチする手間がふえますが、
最終的には知識として資産になります。

手間こそチャンスです。

まとめ

電脳せどりも店舗もせどりは行動が大切。
サーチの数に比例する。

ここまでは、理解しつつやっている方が多いと思います。

あと大切なポイントは

継続して習慣化すること。

僕は毎日メルカリ、ヤフオク、オンラインショップを1時間くらいみます。

毎日何かしら仕入れできます。
多い時には電脳のみで利益数万円になる時があれば、
全く取れない時もあります。

大切だと思うのは、継続してやっていれば取れる時があって
効率が良くなっていくということだと思います。

自分にノルマを課してやることも大切だと思います
あきらめずにコツコツやっていきたいですね!

また、いろいろやってみて、電脳が苦手という方は
僕が直接教えるサービスもやりますのでお声かけください。