さて、いろんな方をコンサルしたり
こうやってブログをしていると表題のような質問がよく来ます。

せどりで儲かった気がしない。

 

売り上げをいくら200万〜500万あげても手元に残らない。

これには大きな原因2点があると思います。

これを今回は解説します

 

なぜせどりで稼いだ気がしないのか?

 

せどりで稼いだ気がしないのは、手元にお金が増えていないから。

では、なぜ手元に残らないのか?

 

一つは、売り上げ利益をほとんど再度仕入れにつかっているから。

単純な例では

 

100万の売り上げ利益20万円。(利益率20%)

 

 

利益は額面上でています。
しかし、その20万を仕入れに使ってしまえば手元にお金は残らずに
在庫が増える計算になります。

会計上?在庫は資産なので儲かってはいるのですが、
現金化しない限り、儲かった気がしないとうことです。

 

せどりで稼ぐスキルと、お金を残すスキルは違う。

 

せどりで稼ぐスキルと、お金を手元に残すスキルは全然違います。

せどりで稼ぐスキルというのは、稼げる商品を探す能力や売り方のノウハウの知識など
俗に言う目利き力だったり、ビジネスマインドだったりします。

しかし、

 

手元に現金を残すスキルというのは、キャッシュフローを理解して
いくら仕入れに使って、いくら入金があって、

さらに、いくら次に使って、、
など、細かな数字を管理できる能力だと思います。

 

 

手元にお金を残すためには?

サラリーマンでもよく貯蓄の方法で取り上げられますが、
一番の正攻法は、あらかじめ貯金額を引いておく自動定期型の貯蓄が一番だと思います。

僕も、サラリーマンのときでもりそな銀行の定期を使って毎月小さいながらも15000円の
積み立てをしていました。

 

そのほかにも、住民税などの支払いの分を別にしておいたり。

とにかく、収入があったらまず貯めたい金額を引いちゃいます。

よくあるやつですが、

収入 − 貯蓄 =使えるお金

です。

 

ダメなパターンは

収入 − 使えるお金 =貯蓄

 

「収入が多いから使えるだけ使って、残ったら貯めていこう」

 

では、結局全部使っちゃうんですね。

 
本当に不思議です。

せどりも一緒で、先に貯めたい金額を計算して、
想定利益率を見込んだ上で、最後に売り上げ目標を立てる。

 

単純に、売り上げだけ目標にしてもなかなかお金が残らないのはこのためです。

売り上げ目標が高ければ高いほど
仕入れに再投資してしまいがちなので陥りやすい現象です。

 

 

せどりはビジネス!しっかりお金の流れを把握していこう!

せどりは手っ取り早く利益がでる即金性のあるビジネスです。
その反面。

 

稼ぐことはできるようになったけど残らないのでは意味がありません。

ファイナルリテラシーをつけることは
稼ぐことと同じくらい大切だと思います。

なんかの本に書いてありましたが、

 

節約したお金の価値=稼いだお金価値

100円節約できれば、100円稼いだのと同じ

逆に言えば、

 

1億円稼ごうが、2億円使ったらダメ。

でも、10万円稼いで、5万円しか使わなかったら
上記よりも1億5万円プラスになります。

 

まとめ

 

いろいろ書きましたが、
まず稼げるようにならなければ残らないのも事実です。

 

平行して、お金を残すスキルを上げていけばいいです。

キャッシュフローの大切さは有名な書籍がいっぱい出ています。

 

本を読めば大抵のことは解決できますので、
たくさん本を読んでお金をのこすスキルを身につけていきましょう。

 

 

最後ですが、せどりは稼げるビジネスだと僕はおもいますよ!

 

ps

コンサル募集を超限定でやります。

興味がある方は画像をクリックしてください。