僕のコンサル生も、とうとう法人化する動きがでてきております。

すでに2名が法人化、3名目も打ち合わせ中ということで
サラリーマン社長が今後、どんどん増えそうな感じがしました。

 

一昔前に、会社を持っているというとすごいイメージでしたが、
あと数年もすればみんな副業やって、みんな会社を興してそうな、

そんな感じもしてきた次第です。

 

副業でなぜ法人化するのか?

最大税率のちがい

一番は個人の所得税率と企業の法人税率のちがいだと思われます。

個人の最大所得税率は45%、企業は23.9%。

ここのちがいは大きいかなと思います。

 

下の表は個人の所得税率。

サラリーマンのかたはあまり意識しないかと思いますが、
せどりをやる上で(副業をやる上で)自分の立ち位置は
絶対把握しておいた方が良いです。

 

参照元国税局HP

 

 

それに対して法人の税率は以下。

 

少し見にくいですが、

 

普通法人は23,4%以下

中小企業の800万円以下の部分は15%以下

 

となってます。

 

実行税率など、詳細は税理士の先生に詳しくないと

わかりませんが、上記の税率のちがいは最終的支払いに影響がでて

きます。

 

 

法人の方が経費になる部分が大きい

課税される所得は

収入 − 経費 = 課税所得

となってます。

収入1億円あっても、それを稼ぐために1億円を経費で使った場合は
課税所得はゼロ。非課税になります。

たくさん稼いだときは、上手に経費を積み重ねることで
節税ができるようになるわけです。

よく、建設会社とか町工場の社長サンが高級車にのってますね。

あれは節税のため経費で車を買っているということです。

詳しくはこちらの本が面白いです。

個人事業主(副業サラリーマン含む)と社長では使える経費が
大きく違ってきます。

節税のために適切な時期に法人化するのが
お金を手元に残す良い方法だと思います。

法人化する適切なタイミング

一番良いタイミングというのは、一概に言えないのを前提に
僕の経験と税理士の先生から聞いたことをお伝えすると、

課税所得が400万を超えるあたりで
節税効果が出てくるみたいです。

せどりオンリーだと、
月商200万の利益率20%を12ヶ月。

これで約480万の利益。

80万を経費とした場合はギリギリ法人化した方が節税効果が
上がるみたいです。

毎月200万以上売っている場合は
法人化した方が良いかもしれません。

近くの税理士に一度相談してみる事をお勧めします。

合同会社と株式会社の違い

合同会社と株式会社は特段税金上の違いはありません。

同じように経費が認められます。

合同会社は設立に7万円ほどかかります。
株式会社は23万円くらい。

節税目的の設立であれば合同会社でも大丈夫だと思います。

以外に合同会社というのは広まっていて
意外な会社も合同会社です。

たとえば、

  • アップルジャパン
  • アマゾン
  • 西友
  • ユニバーサルミュージック

など

意外な会社も合同会社だったりします。

せどりのみの節税目的であれば合同会社の選択で
良いかと思います。

税理士任せでなく自分である程度勉強すること

税理士に丸投げ、

これでも税金の計算などは良いと思いますが、

経費の計算やお金のことをまるっきり分からないのでは
多額の請求をされた後では後の祭りです。

税理士も万能ではなく、
税務署よりの税理士もいるみたいです。

自分で進んでファイナンシャルリテラシーを磨いていきましょう。