ゲームせどりは主に、

 

ゲーム本体せどり、ゲームソフトせどり、周辺器せどり

に大分されると思います。

 

ちなみに、裸ゲームソフトとは、箱や説明書が付属しない
状態のことをいっています。

 

 

こんな感じでの出品です。

 

 

 

 

裸ゲームソフトは、メルカリやヤフオクなどのオークションサイトで
処分価格で出品されやすい傾向があり、

 

ブックオフやハードオフなどでも商品の相場より安くなっている
可能性が高く、利益率、回転が良い傾向があり
覚えておいて損がありません。

 

箱なしゲームソフトでも売れる

 

コンサル生やこちらのブログからの質問でも多いのが、
箱や説明書がなくても売れるのか?

という不安があるみたいで、なかなか仕入れができない方が多いようです。

心配無用、

 

かなり売れます。

ゲームはそもそもできれば良い。
という考え方の方が多いみたいで、できるだけ安く買いたい層というのが
多めにいます。

 

逆に、フィギュアなどはコレクターが多く、
箱や説明書などの付属品の状態まで厳しく購入前にチェックする層が多い傾向にあります。

売れるかどうか?
が不安なマインド出会った場合は心配無用です。

 

 

箱、説明書なしのゲームの値付け

ではいくらなら売れるのか?

 

僕の目安は現在の最安値です。

 

FBAであれば、FBAの最安値。
自己配送であれば自己配送の最安値。

 

最安値より下げることはしなくても良いと思います。

 

 

箱説なゲームソフトの出品方法

 

出品の仕方がわからないで購入を控えている方もいると思いますので
出品方法を載せておきます。

過去に記事をかいてありましたので
こちらからご覧ください。

 

 

取りやすい商品の傾向と仕入れのコツ

仕入れのコツは

仕入れられないソフトを覚えていく。

 

ことだと思います。

仕入れられない商品というのは、中古最低価格が、1円〜数百円の出品が
多い商品です。

 

 

こういったやつ。

取れない理由は、

わかりますね?

 

最低価格で販売するので、
これ以上安く仕入れできないからです。

 

 

では、逆に仕入れやすい商品は?というと

こういうやつ。

 

 

こういったやつ、

 

 


 

2つに共通する点は、

新品と中古の価格差が少ないもの。

言い換えると中古の相場が高い商品です。

 

新品がプレミアになっていたりする商品も同じように中古の相場が上がっている
場合があります。

 

なぜ、こういった商品が仕入れやすいのかというと、
相場が高いため、それ(最低価格)よりも安く仕入れできる確率が高くなるから。

 

一度覚えてしまいば繰り返し仕入れしやすいのもゲームせどり全般のメリットです。

 

 

相場をみにつけるためにすること

結構ベタな答えになりますが、
やはり全頭することが一番近道かと思います。

どこを全頭するのか?

まずは、箱説なしのゲームが置いてあるブックオフに行きましょう。

そこのショウケースを全部見てください。

これを2〜3店舗分やるだけでかなり商品知識が増えてきます。

面倒なことほど、後々自分の知識になって自分を助けてくれるので
大変ですがやっていきましょう。

まとめ

箱なしソフトに限らず、ゲームせどりは相場を覚えたもの勝ちです。

覚えるまで大変ですが、
覚えてしまえばずっと使えるスキルになります。

 

まあ、これもゲームソフトに限らずせどり全般にいえます。

店舗の新品せどりも結局多くサーチすればするほど、
手を抜かない人が多く仕入れできるようになりますね。

ゲームはブックオフから覚えて行くのがオススメ。
ブックオフはアマゾンに価格を合わせているので

 

相場を覚えるには一番効率がよいです。

ブックオフせどりについてはこちらの記事が人気です。
ブックオフせどりで稼ぐ方法をまとめてみた。

 

ps

コンサルのお問いわせありがとうございます

いただいた質問やお問い合わせにはすべてお返事を書いております。

届いていない場合は、アドレスが間違っている可能性があります

再度確認いただきメールいただければ嬉しいです。

 

よろしくお願い申し上げます