せどりというと、アマゾン一択のようなイメージがありますが、
もともとアマゾン以外ではヤフーオークションが主流で、
個人間の商品決済が行われてました。

販売先によって売れる商品の値段や回転がかなり変わってきますので、
普段仕入れる際には、販売先まで調べてやると全体利益が上がります

 

 

僕がよく使う販売先として

・アマゾン
・メルカリ
・ヤフオク

があります。
それぞれメリットデメリットがあります。

 

すべて使い分けることで転売マスターと言えると思いますので
いろんな販売方法にチャレンジしましょう。

アマゾンで販売するせどり

メリット

・FBAであれば商品発送がオート
・売れ行きがすごく良い
・倉庫をレンタルする形なので、在庫を手元に置かなくて良い

デメリット

・売上入金が2週間ごとなのでキャッシュフローがよくない
・手数料が比較的高い
・ヤフオク、メルカリにくれべて購入者の商品の状態選定ががシビア返品されやすい

 

ヤフオク、メルカリで販売するせどり

メリット

・入金が早い
・ジャンクなどの動作不良でも売れる
・手数料が比較的安い

デメリット

・落札金額はアマゾンより少し安い
・在庫を手元に置かなければいけない
・商品ごとの発送ややりとりが面倒

上記のようなメリット、デメリットが存在します。

では実際に販売される金額が違う商品を紹介したいと思います。

 

商品紹介

アマゾン

 

 

ヤフオクの落札相場をみると金額に差があるのがわかります。

この場合はヤフオクよりアマゾンのほうが有利です。

しかも、こういったサーチを続けていくと
ヤフオクで仕入れが出来るようになります。

つぎはこちら、

 

 

アマゾン

ヤフオク
ヤフオク商品リンク

 

 

こちらの場合は、ジャンクや本体のみでもアマゾンより高く売れています。

商品知識がある方やゲームせどりをしている方は結構定番の商品ですが、
知っている、知らないだけで利益の差がでてきます。

 

 

まとめ

商品によってヤフオクやアマゾンで値段が違う。

適正価格を見極めることで仕入れも販売もスキルが上がる可能性がある。

質問などお気軽に!