猛烈に不動産投資について本を読み漁っております。

その中で、よくある書籍のタイトルで

・●●はもう古い!新築投資をやめなさい!
・年収●●以下は不動産投資をやめなさい!
・不動産投資はRCで都心だけを買いなさい。

など、限定な手法を取り上げて書かれた本もほぼすべて読みました。

ひとつを取り上げて読むと、

「お!これはいけそうだ。」

と思うわけですが、次の書籍には前に読んだ本を否定する内容が書かれていいたり
するので混乱しがちです。

書籍に共通するポイントをおさえて、読み直していくと
自分なりの解釈ができました。

不動産投資にはいろんな手法があること。
同じ不動産を同じ金額で別の資産状況、借り入れ状況でキャッシュフローは全然違う。
つまり、人によって儲かる不動産もあればダメなものもある。

要は、”借り方”と”売り方(タイミング)”あと”金利”と”税金”など複雑に
絡んでくるため個人によって選ぶ戦略が違う、

自分にとってよい投資方法を選んで実行する必要がある。

これはせどりも一緒だと思いました。

せどりには、

・店舗せどり
・電脳せどり
・外注化

など、いろんな方法がりあます。

それぞれメリット、デメリットがあります。

せどりをする人の資金によって、利益率が低くても儲ってしまう運用ができる人もいれば、
そうでない人もいます。

また、作業量を増やせる人、無理な人もいます。

それぞれ自分のライフスタイルや資産に見合った方法を
とっていくことが大切で、

電脳せどりが儲かるらしいから、電脳しかしません。

とか、

ゲームせどりが儲かるらしいから、ゲームしかしません。

とかはダメだと思います。

一通りやってみて、勉強してみて、
自分の周りの店舗や環境に合わせて自分なりの方法を選ばないと

周りに新品の店舗がないのに店舗せどりにこだわったり、
まわりの店舗のゲームが安くないのにゲームせどりにこだわったり

などは効率が良くないと思います。

いろいろ勉強していかないと、実は不効率なことをしている可能性があると思います。

まだまだ僕は、読書とセミナーで不動産投資はカバーするしかいのですが、
せどりと違い、一撃のリスクは大きいので慎重かつ大胆に初めの一歩が踏み出せるように
勉強していこうと思います。

なぜ、僕が不動産投資に拘るかというと、
史上最高に金利がやすいですし、現に儲っている人にあって話を聞いたからです

あと限りなく不労所得に近い所得だからです。

サラリーマンの時は、もうちょっとお金があればとおもって
自分で稼げるスキルを学ぶために必死でしたが、

せどりと情報発信で自分だけの限界が見えた気がしました。

仕組み化しないとダメだし、
仕組み化するには能力が足りなすぎるし、

そっちを伸ばすなら不動産投資のほうが成功している人が多いので
真似すればうまくいきそうだと思っています。

大きく失敗して、このブログをちゃうことになるかもですが
それも面白く発信できたらとも思います笑