小野田寛郎さんをご存知でしょうか?

小野田寛郎さんは太平洋戦争(大東亜戦争)終戦後にも
フィリピンで30年もの間、終戦を知らずに戦い続けていた方です。

 

30年の間、終戦の知らせのチラシや呼びかけなどありましたが
全部敵の作戦だと思っていたそうです。

そんな小野田さんの書籍を今頃になって読み漁りました。

 

壮絶なサバイバル生活と、現代とかけ離れた価値観。

 

※夜寝ていたら3センチくらいの蟻に細くを食いちぎられて、小野田さんは
左耳が聞こえない、耳栓をすると敵に気がつかないので、30年安心して眠れたこと
がなかったようです。

 

30年タイムスリップして日本に帰国した小野田さんはいろんな意味で衝撃が
あったようです。

 

あまりにも過酷な小野田さんの体験を書籍で追体験したことで、
いま普通に生きてるだけで幸せという事実と、

小野田さんの状況に比べればせどりで稼ぐなんて楽勝だな、
と思いました。

 

僕の場合毎日生活していると、他人と比べて自分にはないものばかり探して
しまいがちです。

しかし、本当はいまあるものに感謝していかなければ前に進ないですね。

 

 

 

 
当時のニュース